トレーダー・ジョーズのピーナッツバターがリコール / 食品リコールに思うこと

ガイドブックに載っていない便利なロサンゼルス情報を現地から。


旅行情報&手配
➡JTB ロサンゼルス オプショナルツアー
➡H.I.S.ロサンゼルス オプショナルツアー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆☆ランキングに参加しています。☆☆

↓クリック応援お願いします。m(_ _)m↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ    
カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ

--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

トレーダー・ジョーズのピーナッツバターがリコール / 食品リコールに思うこと

日本人にもかなり知られている、小型スーパー、トレーダー・ジョーズが、ビーナッツバターをリコールしました。原因は、サルモネラ菌による汚染です。



トレーダー・ジョーズは、低価格で質の良い食品で知られている、小型スーパーで、数は、大型チェーンスーパーに比べると少ないですが、ロサンゼルス全域に、店舗があります。数ヶ月前にも、何かの食品が、リコールになったことがあります。

私は、アメリカ生活が長いので、今更、驚くことはなく、むしろ、久しぶりに、日本に遊びに行くと、以前に住んでいた時とは違って、驚いたり、そう言えばそうだったと、改めて、認識したりしますが、ロサンゼルスに来た直後は、結構、驚くことがありました。

まず、テレビのコーマーシャルを見て気が付いたことは、関節炎の痛み止めの薬のコマーシャルの多さです。腰痛に効く薬や製品のコマーシャルも多いです。逆に、日本では多いのに、アメリカではないのが、肩こりに効く、サロンパスや、ピップエレキバンの様な商品のコマーシャルです。日本は、肩がこる社会で、アメリカは、関節や腰が痛くなる社会です。アメリカ人は、日本人に比べて、歩くことが少ないので、筋肉が弱まって、関節や、腰に負担がかかるのだと思います。関節炎は、高タンパク質、高脂肪の食生活も、大きな要因でしょう。腰痛は、柔らかかったり、古いマットレスで寝ていることも、原因です。

製品のコマーシャルの他にも、気が付いたことは、食品を中心とした、様々の製品のリコールが多いことです。リコールのニュースがあっても、「又か」という感じで、驚きもしません。食品のリコールは、記載されていない、本来なら入っていない食品が、紛れ込んでしまって、その食品にアレルギーがある人にとって危険という、衛生上は問題無いものから、大腸菌、サルモネラ菌の汚染によるもの、工業用オイルや、壊れた機械の破片が紛れ込んでしまったというような、極めて危険なものまであります。

こういうリコールが、テレビのニュースを見ていると、ちょくちょくあります。とは言うものの、ニュースでリコールをやっていても、ロサンゼルスでや、カリフォルニアでは販売されていないという物も、多いです。又、実際にリコールされている食品でも、その中で汚染されているのは、ごく一部で、被害に遭う確率は、極めて低いことが、殆どです。

だからと言って、安心という訳にも行きません。子供に食べさせる物、特に、赤ちゃんのベイビー・フードやミルクのフォーミュラーは、充分注意が必要です。

そこで、私には、1つのルールがあり、必ず、それを守っています。生鮮食料品以外の、缶詰、瓶詰め、ボトル入り等の食品は、殆どが、常時使う物です。ケチャップ、マヨネーズ、サラダ・ドレッシング、様々なソース類、缶詰等は、常に、買い置きをしている人も、多いと思います。私も、無くなって、慌てて買いに行くのは、不都合なのと、セールになっていなくても、買わないといけないので、残り少ないものは、頭の中に入れておき、セールの時に買っておく様にしています。

これは、食品のリコール対策にもなります。買い置きをしておくと、実際に食べるのは、買ってから、ある程度、日にちが経っています。そこで、汚染されているなら、食べ始める前に、リコールになるはずです。

普通に買い置きをしているだけでも、リコール対策になりますが、更に進んで、買ってから、数週間は、使わなく済む程度、現在あるものが、かなり残っている時点で、買うようにしています。子供や赤ちゃんに食べさせる物なら、最低、3週間は置きたいです。もし、無くなったことに気がついて、慌てて買う場合は、賞味期限を見て、期限が早く来る物、つまり古い物を、買います。古い物なら、もし汚染されていたら、既にリコールになっているはずです。店に到着したばかりのものは、汚染されていても、まだリコールになっていない可能性が高いです。

ここで問題ですが、日本なら、賞味期限が来るのが早いものは、通常手前にあります。又は、同じ賞味期限のものが、売切れるまで、新しい商品を、陳列しない店もあります。ところが、アメリカ人は、大雑把なので、新しい物が手前にあって、古い物が、後ろにあることも、しばしばあります。酷い時になると、賞味期限が切れた商品が、置いてあることもあります。店員が、商品を補給する際に、置いてある商品を一旦出して、新しい商品を補給した後に、前からあった物を、手前に入れるということをしないで、次々と、手前に補給していくからです。そこで、手前にある物が、古い物だと決め付けてしまわないで、後ろにある物の賞味期限も、見てみた方が良いです。

前述した通り、実際に汚染された商品を買ったり、食べたりする可能性は、極めて低いので、神経質になる必要はないですが、可能性はゼロではないです。ちょっとしたことを、心がけるだけで、安心して食品が使えるし、無くなってから慌てて買って、定価で買わないといけないということもなくなるので、節約にもなります。缶詰類や、シリアルの買い置きは、災害時の非常食対策にもなります。


☆☆ランキングに参加しています。☆☆

↓クリック応援お願いします。m(_ _)m↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ    
カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

過去ログ

2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【7件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【5件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【6件】
2015年 06月 【9件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【9件】
2015年 02月 【9件】
2015年 01月 【7件】
2014年 12月 【12件】
2014年 11月 【11件】
2014年 10月 【12件】
2014年 09月 【10件】
2014年 08月 【10件】
2014年 07月 【10件】
2014年 06月 【8件】
2014年 05月 【9件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【6件】
2013年 11月 【6件】
2013年 10月 【8件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【7件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【9件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【1件】
2012年 10月 【10件】
2012年 09月 【7件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【8件】
2012年 05月 【2件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【37件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【3件】
2010年 08月 【2件】

旅行グッズ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。